会員登録で送料無料でお届けいたします。
※非会員の場合全国一律940円(税込)

CASUCA

About C A S U C A

2007年、
C A S U C Aはデザイナー安野ともこの
こんな思いから始まりました。

「ジュエリーってゴージャスじゃなければならないの?」

小さなアクセサリーというと、
どこかフェミニンで可愛らしい
アプローチがほとんどでした。
そしてどこか乙女チックなアプローチやビンテージ、
アンティークなどをなぞったものがほとんど。

わたしが求めていたのは、
デザインの凝った主張の強いものではなく、
身に着けていても気にならない、
だけど存在感のある輝きを持ったジュエリー。

だれもが持っている、
子供のころに美しいと感じた思いの断片。
それをカタチにしていきたい、
そんな思いからC A S U C Aは誕生しました。

C A S U C Aの由来

画像

C A S U C Aというブランド名は、
スペイン語の「あばら屋」という言葉に、
日本語の「かすか」の音を重ね合わせたもの。

子供の頃、秘密の隠れ家にしていた、
朽ち果てたちいさな空き家。
青いガラス瓶のかけらや不思議な模様の石。
自分だけの宝ものを隠して
ドキドキしていた思い出がふとよみがえって...

大人になったら記憶の彼方に消え去ってしまいそうな
星くずのような思い、
そんなささやかな“宝石たち”にたくしました。

流れ星の残像。
月明かりにきらめく夜露をまとった蜘蛛の糸。
叱られて、泣きながら眺めた窓の外の景色には、
いつの間にか悲しさを忘れさせてくれる
神様からの素敵なプレゼントが発見できたものです。

そんな愛おしくもかすかな輝きをイメージしてできた、
できるだけ細身で、
できるだけ輝度が高くて、できるだけ優雅な、
この上なくキラキラと輝くプレーンでフラットなチェーン。

肌身はなさず身につけていたい。
だけどすこし気分が変わって、
しばらくのあいだ宝石箱や引き出しの中に
置き去りにすることがあったとしても、
暗がりの中でそっと静かに輝いていて、
宝ものとしての誇りは決して失わないでいてほしい。

そんな想いが
C A S U C Aのジュエリーに込められています。

傷の輝き

画像

人はたくさんの経験をして、身も心も傷を負い、
はたまた皺も寄ってきて、だけど、
そのすべてを年相応にチャーミングに見せ、
変えていくのはその人自身のチカラだという
デザイナー安野ともこの思い。

シンプルでありきたりなネックレスチェーンに
少しだけカットを足して光の反射を多くしたり、
職人さんにモチーフの上から
アブストラクトな傷を刻んでもらって、
そこがキラキラチラチラとした
輝きを放つように工夫したり、
形は単純でも、その不思議な輝きで、
印象的な存在感を残す。

「 傷の輝き 」こそ、他には類を見ない
C A S U C Aならではの特徴だといえます。

Checked Item

Recommend for you