CASUCA

zyuel ジュエル

zyuel ジュエルとは、生命力にあふれた「松葉牡丹」という花の名前。
夏に花を咲かせ、こぼれ種は越冬し、また春になると次々と芽を出し蕾をつけてゆきます。
「無邪気」「可憐」という花言葉を持ち、マツバボタンの学名“Portulaca”はラテン語の「入り口」という意味が語源になっているところから、一粒のダイヤの奥に次なる世界への入り口を待ち望みながら、さらにご縁が広がっていく御守りとして身に着けていたいモチーフ。
また、ペイズリーの形は、古代から魔除けのお守りとして身につけられていて、勾玉はそんなイメージを表しているとか…